<アデレードのことならおまかせ!>

編集部オススメ情報

編集部が紹介する時事的ローカル情報。おすすめの店からお得情報までトピックスはネタ次第。最新のトピックスは…。

2月と言えばバレンタイン、バレンタインと言えば甘〜くとろけるチョコレート。そしてチョコレートと言えば、そうアデレードには日本が世界に誇るあのROYCE’ができたばかり! というわけでROYCE’のバレンタインをチェックしにWestfield Marionショッピングセンターに行ってみました!

 

オープンから1ヶ月半、オーストラリア中から届く興奮の声

「めっちゃ嬉しい。ROYCE’最強!」1ヶ月半振りにお店を訪れると、カウンターから支払い中の男性二人の興奮した声が聞こえてくる。店内には試食中の若い男女グループから年配のご夫婦の姿も見え、アジア人から地元の人まで広い客層に予想通りの反響振りだ。元からのファンに加え、ROYCE’のお菓子をプレゼントで貰った人がその味に感動し、来店するケースも多いとか。他都市からも二日に一度は「シドニー店はいつできるんですか?」「フランチャイズをやりたいのですが!」とラブコールが後を絶たないというが、今のところはまずアデレードを拠点にお客様に心を尽くしたお持てなしをというのがお店の方針のようだ。
オープン後の驚きエピソードは他にもあり、ある日はなんとお隣のパースからわざわざ飛行機に乗ってROYCE’の商品を$400分買いに来られた中国人の方や、ブリズベンからもカップルが来られたそう。
全品試食できるとあって、どの種類も順調に売れているそうだが、やはり日本の方には「懐かしい」と、抹茶味のチョコが人気だそうだ。

 

バレンタイン限定商品、ギフトパック

オーストラリアのバレンタインは日本と逆で、もともと男性から女性に愛の表現としてバラの花束やカード、ちょっとしたプレゼントを贈る日。最近は男女同士で交換もあるそうだが、さすがに日本のような義理チョコ現象はないようだ。その習慣に従うもよし、日本流に楽しむのもよし、真夏に負けない熱い想いや日心の感謝の気持ちを伝えるのにピッタリの機会だ。

さて気になるバレンタイン商品はというと、日本を含むアジア人のお客さんからリクエストが多いという “White” Nama Chocolate ($22) が満を持しての限定300箱で登場! 北海道の生クリームを使い、風味付けに「チェリー マルニエ リキュール」を使用したこちらの生チョコは、一口で満足できるほど濃厚な味わいでありながら後味すっきり、普段ホワイトチョコに馴染みのない人も口に運ぶ手を止めることができないという大人気スイーツだ。さらにもう1つのバレンタイン商品はコーヒー文化の強いアデレードならでは、地元のオージーやイタリア系の方から問い合わせが多かったという Coffee Bean Chocolate ($22)。ドミニカ共和国産の希少なコーヒー豆「アラビカ種」をミルクチョコレートでコーティング、コーヒー豆のカリッとした歯触りと口の中に広がる豊かな香りはお酒にも合い、チョコ好きでない男性も納得の味。その他、数種の異なるパッケージのチョコ菓子をお得な価格でセットにしたバレンタイン用ギフトパックも登場予定とあれば、この期間を逃す手はない!

オープン当初Original Potato Chip Chocolate (Milk) $17が売り切れた時、来店されたお客さんの連絡先を控え、入荷するやいなやお知らせすることでコミュニケーションを大切にできたというROYCE’。そんな嬉しい心配りは今回も健在、バレンタイン用のラッピングで私たちを楽しませてくれる。今年の2月14日は金曜日。宝石のような特別なチョコレートはあなたの大切な人との週末を、かけがえの無いものにしてくれるに違いない。

 

場所、営業時間はこちらをチェック!
http://www.royceaustraliapacific.com/location