<アデレードのことならおまかせ!>

吉住京子
メルボルン在住のオーストラリアでは珍しい日本人ファイナンシャル・プランナー。
難しいお金のことを分かりやすくアドバイスする「お金の専門家」として、個人からビジネス・オーナーまで幅広いクライアントを持つ。日本人コミュニティー向けメディアでの連載記事やセミナーなどでも活躍中。
HP : www.fpkyoko.com.au

毎日仕事や育児で忙しい方でも、マッサージに行きたい、流行っているレストランで食事したい、1年に一回は日本に帰りたい、とそれぞれ自分の中のちょっとした贅沢があると思います。それを苦労なく現実化するためには結婚されて高収入の旦那さんがいてもお金のルールを知って経済的にも精神的にも満たされたいですよね。稼ぐ、貯金する、投資するというベーシックなルールから今回は少し掘り下げて10個の具体的な項目をあげてみました。

1. 貯金   所得の2割を先取り貯金。5年で1年分の収入の貯金がたまります。もしできるならあと2割を自己投資に。

2. 節約   食費や美容代など変動する出費を節約するのは大変。家計の三大疾病と言われている家賃、保険、車を収入の3割以内に削減。

3. 保険    コーヒーに1日$4使ったら1ヶ月では$120。若い人の生命保険やがん保険は数十ドルで加入できます。プライオリティーを考えましょう。

4. 買い物    $100が今なら$35っと聞くとお得なので買いたい気持ちになりますよね。お得ですよという値札に騙されないように。

5. 婚活   所得とライフスタイルは比例している場合が多いですが、所得が上がっても今のライフスタイルをキープし差額を貯金できるでしょうか?

6. 借金   良い借金と悪い借金の違いを知りましょう。不動産のように資産として価値が上がっていくものと車のように価値がどんどん下がっていくものです。

7. 老後資金   日本人もオーストラリア人も長寿。65歳で退職して85歳の寿命とすると20年もあります。自分の1年の出費が$50Kだとすると20年で$1Mという計算です。資産があるとAge pensionも貰えにくくなってきています。リタイアの後数十年あるということ、政府からのサポートも頼れないこと、マジックフォーミュラはなく、老後資金は自分次第であることを認識しうまくお金の運用をすることが大切。

8. 資産運用   分散投資、そして自分の得意分野を見つけたら集中投資。

9. 収入アップ   倹約、貯金も大切ですが収入を上げることができればもっと貯金、投資運用の可能性が広がります。これからはロボットがどんどんと人間の仕事を代行するようになるようです。ロボットにできない仕事、クリエイティブな仕事のスキルをつけるのもいいでしょう。

10. 寄付    人にいいことをすると自分に返ってくるのはお金の分野でも同じ。チャリティーに寄付や興味のあるプロジェクトをクラウドファンディングのサイトで見つけてサポートするのもいいでしょう。