<アデレードのことならおまかせ!>

吉住京子
メルボルン在住のオーストラリアでは珍しい日本人ファイナンシャル・プランナー。
難しいお金のことを分かりやすくアドバイスする「お金の専門家」として、個人からビジネス・オーナーまで幅広いクライアントを持つ。日本人コミュニティー向けメディアでの連載記事やセミナーなどでも活躍中。
HP : www.fpkyoko.com.au

 

 IQという言葉は聞いたことがあると思いますが、お金のIQ もあるのを知っていますか?

これはお金の知識のことをいいます。様々な分野が含まれますが、「会計、税務、ビジネス、法律、投資」などお金の知識や知恵をどれだけ分かっているのかというのが試されます。

これらの話しは学校や家庭でも教えられることは少なく、大人になってもお金の上手な使い方、稼ぎ方、お金のルールなど知らずお金のために働き続けることになります。

でもお金のIQが高い人はお金のために働くのではなく、うまくお金を働かせる技を身につけ、もっとお金を増やしていくのです。

 

今回はお金の基本の4つの原則をお話ししますね。

 

 お金を稼ぐこと 
社会では他の人のためになるサービスを与えること、人を喜ばせることで報酬をもらうようにできています。ビジネスをしている方はこの原則はよくわかっていると思います。 良いサービスを提供、さらに多くのサービスを提供することがお金につながります。でも会社員でも効率の良い仕事をしてもっと会社のためになる仕事をすることで、昇進したり、多くのお給料を交渉することができるようになります。なので、稼ぐには人のためになる、役に立つことをしていくことが大切なのです。

 

 お金を上手に使うこと
お金の使い道でも上手な人と下手な人がいます。上手にお金を使うと、もっとお金を連れて戻って来ることがあります。よく宝クジで大儲けした人が数年後には破産したという話しを聞きますが、これはお金を上手に使わなかった証拠です。英語ではgood debt, bad debtとありますが、これも不動産のように将来資産になるローンを組むのか、それともパーソナルローンで旅行などに使ってしまうのかの違いです。

 

 お金を守ること
稼いだお金も守って行かないとどこかに消えていってしまいます。人にお金をあげるのと人を喜ばせることの違いを理解すること。そして、お金を守るために必要なルール、法律に精通することも大切です。

 

 お金を増やすこと
お金持ちがもっとお金持ちになる理由はこの原則です。そしてお金を自分のために働かせるために一番しっておかなければならない原則でもあります。これは短期投資で、お金を短い期間で増やそうとするギャンブルや株式投資ではなく、自分の代わりにお金に働いてもらうようプランと実行が必要になります。

 

まずは真剣にお金を向き合うことから始めましょう。