<アデレードのことならおまかせ!>

特集ニュース

季節ごとのトピックスや現地のローカル情報、ニュースなどをご紹介。
最新の記事はこちらから

日に日に日差しが暖かくなり、雨季の恵みを受けた草木が鮮やかに色づく春。
ダイナミックなオーストラリアの自然を体感しに、キャンプやキャラバンに出かけてみよう!

 アデレード周辺のキャンプ場&キャラバン パーク

Adelaide Hills (アデレード・ヒルズ)

Belair National Park, Caravan Park
アデレード ヒルズ内に位置するBelair National Parkは、アデレードから日帰りでピクニックやBBQ、ブッシュ ウォーキングを楽しむには最適なスポット。園内はテニスコートやゴルフ場、スイミングプールなどの施設も充実している。 また、宿泊施設やキャンプ場もあるので、家族や友達とリラックスした休暇を楽しむにはおすすめの場所。
http://www.belaircaravanpark.com.au

 

Flinders Ranges (フリンダース山脈)

Melrose Caravan Park
フリンダース レンジの入り口、Melroseという小さな街の中にあるキャラバン パーク。ここは、キッチン、TV、エアコン、シャワーなどが完備されたキャビンと、自分で芝や林の中にテントを張ることのできるエリアに分かれている。また、Mt. Remarkableの麓に位置しているので、訪れた際にはぜひ合わせてハイキングも楽しみたい。
http://parks-sa.com.au/caravan_park/250/

Wilpena Pound
アデレードから車で約5時間半、フリンダース レンジの中心に位置するWilpena Pound Resort & Caravan Park。フリンダース山脈を代表する景観の全長17kmにわたる円形盆地Wilpena Poundは圧巻。そして、ブッシュ ウォーキングや4WDツアー、遊覧飛行など、この広大な景観を楽しむためのアクティビティーも充実。宿泊は野生のカンガルーやエミューが見られるキャンプ エリアやファーストクラス モーテルなどから選択可能。
http://www.wilpenapound.com.au/

 

York Peninsula(ヨーク半島)

Port Vincent Foreshore Caravan Park
海辺でノンビリしたい場合は、ここPort Vincent Foreshore Caravan Parkがおすすめ。目の前に広がる海では野生のイルカの姿を見たり釣りを楽しんだり、ブルースイマーと呼ばれるカニを獲ることもできる。また、半島の先端にあるイネス国立公園に足を伸ばせば野生のエミューやカンガルーをたくさん見ることができる。
http://www.portvincentfcp.com.au/where-we-are-sp-1314203780

 

Fleurieu Peninsula(フルリオ半島)

Victor Harbor Holiday & Cabin Park
アデレードから車で約1時間、フルリオ半島に位置するVictor Harbor Holiday & Cabin Park。パーク内は無料でWi-Fiにアクセスすることができる。また、フェアリー ペンギンに出会えるGranite Island Nature Parkや、大人から子供まで夢中になって遊べるGreenhills Adventure Parkなどの観光地にも近く、手軽に家族や友達と休日を楽しむにはおすすめのスポットだ。
http://www.victorharborholiday.com.au/

 

Limestone Coast(ライムストーン・コースト)

Kingston SE Jetty Parking Area
海辺の心地よい風が出迎えてくれるパーキング エリアはキャラバン パークとして人気。ジェッティーで釣りをしたら、そのままピクニック エリアでBBQもできるおいしいスポットだ。残念ながら釣れなかったという方もご安心を。近くのパブやフィッシュ&チップのお店がお腹を満たしてくれる。
シャワーや水道が完備されているが、パーキング エリア内ではテントを張ることは禁止されているので注意。
http://www.caravancaravan.com.au/entity/kingston-se-jetty-parking-area/SA

 

Murray River (マレー・リバー)

Renmark Caravan Park
マリー リバー沿いにあるRenmark Caravan Parkは、家族でアクティブな休日を過ごすにはおすすめの場所だ。ここは、設備の整ったキャビンからキャラバン&キャンプ場と様々な宿泊方法を選ぶことができる。また、ウォーター パークやスイミング プール、プレイグラウンドで遊ぶことができる他、カヌーやペダル カートの貸し出しも行っているので、子供たちの好奇心をかきたてること間違いなし!
http://www.big4renmark.com.au

Murtho Forest Landing
Paringaから車で10分程のキャンプ スポット。マリー リバー沿いならではの美しい自然を楽しむことができる。川で釣った魚をほおばりながら、シャワーやトイレはもちろん、水道もなく携帯電話の電波も届かない本当のワイルド ライフを楽しみたい方にはおすすめのスポットだ。ただ、野生のカンガルーやペリカンの他、毒ヘビに出くわす可能性もあるので要注意。
http://www.campingsouthaustralia.com/murtho-forest.php 

 

サザン クロス(南十字星)を見つけよう!

サザン クロスは日本のある北半球では見ることができない所が多いが、南オーストラリアでは一年中見られる。小さな星座だが、クロスさせて結ぶと美しい十字に見えることから、サザン クロスとよばれている。そして、オーストラリアの国旗の右側にある5つの星はこのサザン クロスを型どったもの。大自然の中で過ごす夜の楽しみの一つとしてサザン クロスを探してみよう!
見つけ方は、南の空を見上げてまず天の川を見つけてみよう。その天の川の中に寄り添うように並んでいる2つの1等星ケンタウルス座のαアルファ星とβベー タ星から天の川に沿って西へ視線を動かすと、天の川が暗くなっているエリアが目に入る。サザンクロスはコールサック(石炭袋)と呼ばれるこの暗くなっているエリアの右上に見える。天の川に埋もれていても肉眼でもはっきり見えるほど明るく輝く4つの星なのですぐに見つけることができる。
*本物の南十字星の少し南西にあり、本物よりも若干大きく4つの星がどれも同じような明るさをしている“ニセ十字”に注意!

澄み切った星空を見上げていると流れ星を見られることもあるので、見つけたら願い事を忘れずに!

 

 

アウトドアでの注意と準備

【注意事項】

  火の使用制限:ブッシュ ファイヤーを防ぐため、火を使うことのできる期間を制限したり、火を起こすこと自体を禁止したりしている区域があるので、ルールは必ず守ろう。
  毒ヘビ、毒虫:オーストラリアには毒を持つヘビや虫がたくさん生息している。噛まれたら致命的なものもいるので、要注意。 そのようなヘビや虫が地面にいないか確認するため、テントは明るいうちに張ろう。また、水辺に暮らすカエルを狙ってヘビが集まってくるので、水辺にはテントを張らないこと。

【キャンプ用持ち物リスト】

ホテルやキャピンに滞在するよりも圧倒的に持ち物が多くなるキャンプ。ここでは、必需品からあると便利な物までご紹介。

  テント
  エア ベッド/ マットレス (ポンプもあると便利)
  布団&枕(スリーピング バッグ)
  ハンマー
  簡易テーブル
  フォールドイング キャンピング チェア(折り畳みイス)
  エスキー(クーラーボックス)
  氷
  食料&飲料水
  包丁&まな板
  鍋やフライパン
  食事用器具(ナイフやフォークなど)
  ガス
  ライター
  キャンピングBBQ
  ゴミ袋
  服(防寒着もお忘れなく)
  タオル
  洗面用具
  日焼け止め
  虫除けスプレー
  トイレットペーパー
  懐中電灯
  シャワーキャップ(ドライヤーがない所では、あると便利)