<アデレードのことならおまかせ!>

今年もいよいよお待ちかねのJAFA主催「こどもの日 ジャパンフェスティバル」の季節がやってきた! 日本関連のイベントとしてはアデレード最大級となるこのイベントでは、 アデレードにいながら日本の文化を体感できる催し物や展示物、食欲そそられる日本料理などが、毎年たくさんの来場者を楽しませてくれている。そして今年1月には今までの功績が称えられ、会場のあるWest TorrensのカウンシルからThe city of West Torrens Community Event of the Year賞、南オーストラリア州からはThe Australia Day Council of South Australia Community Event of the Year 賞をダブル受賞。「こどもの日 ジャパンフェスティバル」が、地域に根差した大切なイベントであることが改めて評価された。今年も「こどもの日 ジャパンフェスティバル」から目が離せない。

 

「自分の家族も含めて、アデレードで暮らす日本人のためにアデレードでも日本文化に触れられるイベントを作ってみたい」。JAFAの会長MikeDunphyさんのそんな思いから1995年に始まった「こどもの日 ジャパンフェスティバル」も今年で19回目。当初は来場者数は200人程度だったが、その数は毎年増え続け、昨年、一昨年は5,000人を超える大型イベントにまで成長した。

そんなイベントを支え続けているのが、ボランティア一人一人の力だ。イベントを成功させるためにプロのスタッフを雇って運営するコミュニティもある中で、「こどもの日 ジャパンフェスティバル」を運営するのは、幹部、サブ幹部を始め、全員がボランティアである 。そしてボランティアの国籍が様々なこともこのイベントの大きな特徴だ。
「このイベントが定着し、皆さんに楽しんでいただいているのも、イベント前から始まる宣伝活動やスポンサー集め、当日のパフォーマンスから接客などにいたるまで、国籍や文化の枠を超えたボランティアたちの懸命な活動のおかげです。今回、名誉ある賞を2つも受賞できたのは、ボランティアたちの熱意と懸命な努力が評価された結果だと思います」とMikeさんはボランティアの活躍を誇らしそうに話す。

イベントでは折り紙や生け花、書道、紙芝居、演舞など日本の伝統的な文化に加え、日本人パフォーマーが魅せるサウスアメリカンバンド演奏やベリーダンスなどのエキサイティングな演目も披露される。また、来場者の中には自分の国の民族衣装をまとったり、浴衣姿で歩く人の姿も多く見られ、会場はとても国際色豊かな雰囲気に溢れている。

「国籍と問わずアデレードにいるみんなが一体となって手作りで運営する日本のお祭り、それが“こどもの日 ジャパンフェスティバル”です。ボランティアたちのチームワークが、イベント会場のすばらしい雰囲気を作り出してくれています。これからもこの手作り感を大切に、地域の人々に身近に感じてもらえるイベントにしていきたいです」。

今年の「こどもの日 ジャパンフェスティバル」には、アデレードに上陸したばかりの大人気チョコレート ショップ「ロイズ」が、コーポレート スポンサーとして参加することも来場者にとっては嬉しいニュースだ。ダブル受賞を受けて、ますます盛り上がる「こどもの日 ジャパンフェスティバル」の今年の開催日は、5月4日(日)。ボランティアとしてイベントを盛り上げたり、家族や友達と一緒にイベントを楽しんだり、1年に1回のこのビックイベントに、ぜひ参加してみよう!

 

 イベント情報 :
 日にち: Sunday 4th May, 2014
 時間: 11am   4pm
 場所: Cowandilla Primary School, 1 Jenkins St, Cowandilla
 料金: 一人$2、家族$5
 http://www.jafa.asn.au/index.php/kodomo-no-hi-japan-festival

ボランティアになる!
http://www.jafa.asn.au/index.php/component/content/article/51-kodomo-no-hi-japan-festival/180-kodomo-no-hi-japan-festival-volunteers

編集:2014年4月