<アデレードのことならおまかせ!>

アデレードで頑張る人を応援

アデレードで活躍する日本人にインタビュー。アデレードを訪れた経緯や現在の活動、これからのことなどについて聞いてみた。
インタビュー記事はこちらから

夢を追いかけて
Western Strikers サッカープレーヤー
 橋 卓臣(たかはし たくみ)

南オーストラリア州のサッカートップリーグ、スーパーリーグでゴールキーパーとして活躍する 橋さん。昨年はスーパーリーグのひとつ上にあたるオーストラリアのプロリーグ、Aリーグのアデレード・ユナイテッドの練習に招待参加するなど、プロサッカープレーヤーを目指す挑戦が続いている。

アデレードへ
 橋さんがサッカーを始めたのは小学校3年生のとき。友達の何気ない誘いがきっかけだったが、その楽しさに魅了されて真剣に取り組むようになり、栃木県立真岡高等学校2年生のときには正ゴールキーパーとして全国大会ベスト8まで進出。その後Jリーグを目指しながら大学に進学した。しかし、度重なる怪我などもあって大学2年生のときにコーチへの転向を決心。卒業後は地元の高校で体育の教員をする傍らサッカーのコーチとして高校生の指導にあたっていた。
 橋さんに転機が訪れたのは、たまたま日本を訪れていたアデレード在住の親戚の「若いうちに一度オーストラリアに来てみたら」との一言だったという。最初はワーキングホリデーで取りあえず訪れてみたアデレードだが、その落ち着いたライフスタイルや豊かな自然に魅かれ、今ではアデレード生活も4年目に入っている。

チャンスをつかむ
アデレードに来て驚いたのは、スポーツグラウンドがどこも芝生であること。大学時代も含めこれまで土のサッカーグラウンドでプレーし、その影響にもよる怪我に悩まされ続けていた 橋さんにとって、芝生のグラウンドはまさに夢のフィールド。
「あきらめていた夢にまた火が付きました」とプロサッカープレーヤーへの再チャレンジを心に決めた。
先ずはサッカーチームのドアを自分から叩いてみることから始めたが、そこでも見つけた日本との違いは“受け入れる姿勢”。「日本は経歴重視ですぐにプレーを見てくれることはまずないけど、こちらではドアを叩く分だけチャンスがあるように感じます」。
Western Strikersでの活躍を評価され、昨年はアデレード・ユナイテッドから声を掛けられて3ヵ月間練習に参加した 橋さん。「レベルがまったく違いました」と、プロの実力を肌で感じたが、その分モチベーションもさらに高まったという。

 

経験を生かして
現在は日本食レストランチェーンに勤務しながら練習に励む毎日。「年齢のこともあるのでここ1-2年集中して頑張ります」というが、日本人を中心としたサッカー愛好会、南葛FCに顔を出したり、ビーチバレーで汗を流したり、釣りに出掛けたりと、リラックスして生活を楽しむことも忘れない。
「日本でサッカーをしていたときは辛い練習への『義務感』みたいなものがありましたけど、こちらでは全体の練習は意外に少ないんです。もっとやりたいというところで終わったりするので、逆に集中できますし、モチベーションを常に高くもっていられます」。

将来的には日本とオーストラリア双方でのサッカー経験を生かし、コーチも含めスポーツに関わる仕事をしていきたいという 橋さんの夢はまだまだ続く。

 

<Western Strikers
HP: http://www.westernstrikers.com.au
ホームグラウンドはCarnegie Reserve Kingston Ave ROYAL PARK 5014
 橋さんを応援しよう!