<アデレードのことならおまかせ!>

2017年5月から小学校親子留学を開始した古田さん親子。Year 3の流唯くんはすっかり地元の小学校に溶け込み、楽しい毎日を過ごしている。

 

お試し留学

「子どもには日本の教育だけでなく広く色々な経験をさせたい」、流唯くんの両親は流唯くんが生まれたときから海外での生活を漠然と考えていたという。流唯くんが小学校に上がったころ、知り合いからオーストラリアに留学をするのならアデレードがいいという話を聞いて調べてみると、アデレードは“世界で最も住みやすい都市”のランキングに入っていることが分かった。
そして2016年4月に下見で訪れたアデレードのことをとても気に入り、流唯くんが小学校2年生になった年の夏休みにアデレードの小学校への体験留学を実施。流唯くんは登校初日から学校に慣れて「楽しいー」と喜んでいたという。その後4週間の体験留学期間中も流唯くんは何も嫌がることなく毎日学校に楽しく通い、最終日にはクラスでさよならパーティーを開いてもらってクラスメイトからメッセージと写真が入った冊子をお別れの記念に持って帰ってきた。 体験留学中に滞在したグレネルグ、そして登校したグレネルグ小学校のことにとても満足していた流唯くんと両親は、今度は長期留学で戻ってくる気持ちでアデレードを後にしたという。

 

アデレードに戻ってきた

帰国した古田さん親子は、すぐに長期留学に向けての手続きと準備を開始。そして日本で小学校2年生を修了した2017年4月、流唯くんは今度は長期の正規留学生としてグレネルグ小学校の先生、友達との再会を喜んだ。 体育が好きで鉄棒が得意な流唯くんは、リセスの時間は友達とモンキーバーで遊んでいる。
「先生は優しいし、学校では絵を描いたり工作をしたりすることも多くて楽しい」と話す流唯くんには将来やりたいことがたくさんあるという。
「消防士やセキュリティーの会社もいいです」
さらにライフセービングにもとても興味があり、最近地元のクラブに入ってライフセービングのジュニアの大会に出るため毎週練習に励む流唯くん。将来やりたいと思うことに共通するのは、人を守ったり助けたりすること。学校以外にも活動範囲を広げて友達も増え、オーストラリアでの生活に益々馴染んできている流唯くんは、最近ついに寝言が英語になってきたという。

 

充実した親子留学生活

「最初は戸惑うこともありましたが、今では随分慣れてとても生活しやすいです。週末は車で色々なところに行くようにしています。この間はクジラも見にいきました。車で1時間も行くと本当に色々な自然があるので子どもにもいいです」。
流唯くんと一緒に暮らす母親はアデレードでの親子留学生活に充実感を抱いている。
また、「日本の小学校にも行かれたので、日本とオーストラリアの学校のそれぞれの良い点や違いがわかることは良いことだと思っています」とも。
小学校卒業後はそのまま現地のセカンダリースクールに進む予定で、その後は流唯くんが自分で決めればいいと考えているという。
学校が楽しいと言って毎日いつも笑顔の流唯くん。
「日本に帰りたいと思うことある?」という質問に対する答えは、もちろん、
「ない!」。                                    

 

取材:2017年9月

 

留学先
Glenelg Primary School(グレネルグプライマリースクール)
Diagonal Road, Glenelg East, SA 5045
Website: http://www.glenelgps.sa.edu.au/

 


南オーストラリア州公立校の詳細はこちら